早稲田大学公認サークル

コリア打楽器研究会Shinawi(シナウィ)

活動内容・出演情報はここでチェキ☆



*新人募集中* 2年生以上、留学生、他大生、社会人、どんな方でも大歓迎!



★o。:* これからの予定 *:。o★

ただいまメンバー留学中のため活動休止中です☆



韓国語ジャーナルに取り上げていただきました!!!
(第22号 2007年9月15日発売!)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピリチュアルな楽器
ちょっと、タイトルには今流行りのことばを使ってみました 

民族音楽(文化)と信仰というのは、大抵の場合において、切っても切れない縁があります。

韓国の代表的な信仰といえば、陰陽五行説でしょうか。

国旗にもなっていますよね。

サムルノリも、やはり陰陽五行と深いつながりがあります。


4種類の楽器には意味があります。

それぞれの音色や、演奏中に果たす役割などはこちら

サムルノリはまだあまり知られていない音楽なので、
私たちはよく公演先で楽器について説明します。

よ~く覚えてくださいね

ケンガリは、形は「」    音は「
チャンゴは、形は「」    音は「
プクは、   形は「」    音は「
チンは、   形は「太陽」  音は「

を、それぞれ表しています。

ケンガリの出す雷鳴の音はすごいです。
チャンゴの出す雨だれもいい感じです。
プクの出す雲は入道雲のようにどっしりしてます。
チンの出す風は柔らかいです。

早稲田祭に使ったタイトル「サムルノリ~風雲雷雨」はここからとりました

覚えたかな~~


       
       
         
だいたい、ここまでを、公演先では紹介します。

問題(?)は、ここから。

さら~~に複雑(っていうか覚えきれない)な意味があるのです。

まず、それぞれに表している「時」があります。

ケンガリは、365日。
チャンゴは、12ヶ月。
プクは、四季。
チンは、1年。

結局はどれも1年なのですが。

サムルノリをやってると、このニュアンスはしっくりきます

チンは、音の余韻が長いからのんびり1年という感じ。
ケンガリはせわしなく365日を刻んでる感じ。
プクはどっしり重くかまえて四季を知らせてる感じ。
チャンゴは、んー、なんとなく ♪~(´ε` )ゞ


そして、陰と陽。

金属製の楽器(ケンガリとチン)は、
「天」そして「男性」を意味し、「陽」の性質を持つとされます。
皮の楽器(チャンゴとプク)は、
「大地」「女性」を意味し、「陰」の性質を持つとされます。


陰陽を、鋭い(ケンガリとチャンゴ)のと柔らかい(プクとチン)ので分けることもあるみたい。その場合、鋭い方が「陽」。

いろいろと、説があるみたいです。

また、この陰陽を、チャンゴは1台だけで表せるのです。

チャンゴは左右に打面がありますが、
右の打面(ヨルピョンといいます)は高い音をだし、「陽」の性質を持ちます。
左の打面(クンピョン 〃   )は低い音をだし、「陰」の性質を持ちます。

あと、ちなみにですが、チャンゴは「花形楽器」であると言われます



どうですか?

なんだか複雑じゃないですか~

「時」や「陰陽」についての説明をはしょるのもわかっていただけたかと。
(゜-゜*)(。。*)ウンウン











説明長いかなー(*・ε・*) ぶー










普段はそこまで深く意識しているわけではないけれどね。

初めてこのような意味を知ったときは、すげ!と思い、
それに、ちょっと色気もあったりでカッコいいなあと、思いました。

それと、最後に。

先日お伝えした衣装の色の意味ですが、肝心なことを言い忘れてました

衣装の色は赤青黄に加え、黒白の5色であります。
つまり、陰陽五行説の5色。
それで言うと、
赤(火)・青(木)・黄(土)・黒(水)・白(金)
という意味を持つことになります。

赤(農民の血)・青(水)・黄(稲穂)
というのは、おそらく二次的に発生した意味ということになるのかな??

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005  SHINAWEB(シナウェブ)☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。