早稲田大学公認サークル

コリア打楽器研究会Shinawi(シナウィ)

活動内容・出演情報はここでチェキ☆



*新人募集中* 2年生以上、留学生、他大生、社会人、どんな方でも大歓迎!



★o。:* これからの予定 *:。o★

ただいまメンバー留学中のため活動休止中です☆



韓国語ジャーナルに取り上げていただきました!!!
(第22号 2007年9月15日発売!)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七夕の夜に(三部作第2弾)
ある日のICC(早稲田大学国際コミュニティセンター)のミーティング風景。
       職員A「今度のオープニングパーティー、サムソンの方がみえます」
       職員B「そうだな、何か韓国のものでもてなせないか?」
       職員C「韓国のものかあ・・・」




                      


                




       職員ABC「ちょうどいいのがいるじゃないか!

                    

           
                PICT2608s12.jpg
          σ( ̄▼ ̄*)ノ エ、ワタシタチ?   


なんて会話があったかどうかは知りませんが、なにはともあれ、
WIFでの公演をたまたま(だと思うのだけれど)観ていたICCの方から出演依頼がきたのですヾ(´ー` )ノ

つまり!


6月 Waseda International Festival(WIF)に参加
   その公演を、早稲田大学国際コミュニティセンター(ICC)の方が観ていて、
           ↓

7月 ICCのオープニングパーティーに呼ばれる。
   その公演を日本サムソンの方が観ていて、

           
10月 サムソンのオフィスで公演することとなる



↑の、三部作のまん中の部分ですね。


そんなわけで今回は、
サムソン本社から依頼がくるきっかけとなった、ICCでの公演模様を載せます☆

※ちなみに、この日は7月7日、七夕の日でした

そもそも、なぜサムソンの方がICCに来るのか?
ICCに設置してあるテレビがサムソン製なのだそうです。

(ほー、なるほど)



楽屋入りする途中、

オープニングパーティーらしい、あるブツを発見。

そりゃあ、こうするしかないでしょー!!




































f42a123.jpg

こうするしか





会場の下見と、流れの打ち合わせをしたあとは、ひたすら待機。



cf83123.jpg



暇だし、集合写真☆
678d123.jpg



待機するのに飽きてきた頃、出番となりました。


「俺たちは、この会場を盛り上げるためでなく ぶっ壊すためにきてるん

で!(笑)みんな、そのくらいの気持ちでがんばろう!!」とは幹事長の気合入れ。





179a123.jpg

784b123.jpg

ちなみに、下の写真の右奥に写ってるのがサムソン製のテレビなのだそう。



出番のあとはお約束、ごはん頂きました。
立食パーティ式になっていて、お寿司やそばやお肉やサーモン、ケーキいっぱい食べました^^ (なんか食べてばっかりだなあ、いつも…

ICCの方々は、そこらへんを通りかかっただけの学生にも、ご馳走ふるまってました。
ラッキーって思っただろうな(笑



***



実はこの日はダブルヘッター。

夜は、さいたま芸術劇場へ。

はなこりあとの共演で、
金元中さんのコンサートの前座として出演。
劇場のバックステージがみれてテンションあがりました。

最後には、出演者全員がステージにあがり
「翼をください」を、手話をまじえての大合唱。

すごく感動しました。

七夕の夜に、とても素敵なシーンに立ち会うことができました。



このまま帰るのが寂しくなったので、池袋でちょっと一杯やってから帰ることに。

まあ一杯じゃすまないよね(笑

結局そのままカラオケになだれ込み、この日はオールしました^^

オール明けは朝日が目にしみるぜ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005  SHINAWEB(シナウェブ)☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。